もぎゅの格闘日常 ~卵かけご飯は飲み物です!

昨日、被災地の気仙沼へ行って来ました(長いです)


呑み友だちである漫画家ゆでたまご嶋田さんが応援している、『ラーメン義援隊』という日本全国のラーメン店主有志による、被災地のみなさんに温かいラーメンを食べてもらおう!と東日本大震災の被災者支援活動をされている団体さんがあります。
ゆでたまご嶋田さんが描いている漫画「キン肉マン」に出て来るキャラ・ラーメンマンが応援しています!

その応援に嶋田さんが被災地の現地へ出向くということで、浜島さんと同行させていただきました!!
急遽決まったので慌てて前日中に支援物資を買い集めました!!!
d0108569_22344332.jpg
ありったけ、車に積めるだけありったけの物資を浜島さんに揃えてもらいました。
飲料水(2Lのお水5ケース←被災地へ持って行くということで近所のスーパーで用意していただきました!)、お菓子各種、缶詰(ケースであまり買えず、白桃、ランチョンミートなど)、ハヤシライスのレトルト、生活用品(サランラップ、マスク、生理用品、ウエットティッシュなどなど)、、後は何があったか覚えていません!(笑)
浜島さんのご両親(惣菜やさんを経営されてるので)に業務用スーパーで買い物させていただき、後はドンキホーテと近所のスーパーで揃えました!

朝一で嶋田さんとマネージャーさんと合流して、二台の車で一路気仙沼へ!
途中1回の休憩を挟んで約7時間弱で気仙沼、被災地の体育館へ到着。
高速から体育館までの間の街は、外壁の崩れたビルが何軒か。途中電気が止まっているようで信号が消えてる箇所あり。閉まっている店舗もちらほら。
でも、ほぼ通常通りに見えました。
体育館もとてもキレイな建物でした。
d0108569_22475466.jpg
d0108569_224843.jpg
嶋田さんはキン肉マンのレアフィギアや伝説の復刻BOXをたっくさん持参されてました!
あと、子ども達へたくさんの絵本、ノートや落書き帳、えんぴつやマジックなども。

そしてすぐにみんながサインを求めてやって来ました!!
d0108569_22494226.jpg
d0108569_22494751.jpg
ひとりひとりに丁寧にイラスト&サイン。お母さんは孫に見せるんだーーって、エプロンにサインを貰ってました。
みんな超喜んで、すぐに長蛇の列!!老若男女入り乱れて!
d0108569_22582645.jpg
d0108569_22504852.jpg
中には涙を流して喜んでいる人も居ました…。みんな何度も何度もお礼を言ってたり…。

そしてしばらくしてから子ども達を集めて漫画教室!
みんな好き勝手なこと言ってたけど(笑)、絵本はあっという間に手元から無くなり大人気!ワイワイキャイキャイ盛り上がってました。
d0108569_2304596.jpg
d0108569_2311293.jpg
d0108569_2311922.jpg
似顔絵を描いたり、みんなめっちゃくちゃ楽しんでましたよ!
こんなに人を笑顔に出来るってすごい。嶋田さんすごい。友情パワーだ!!!!!

そしてこの後はまたサイン会。
嶋田さんはひたすらずぅっとずぅっと笑顔でサインをしていました。2時間半ぐらいでしょうか。
完全に人がひけるまでサインをして、それからラーメン義援隊のみなさんと軽く談笑してました。
d0108569_237223.jpg
義援隊のみなさん、避難所の子ども達と記念撮影。
d0108569_238217.jpg
みなさん寒い中、美味しそうなラーメンをこしらえていました!
みなさんが地元に戻られたら、都内の方のお店には出向いてみたいものです。
この義援隊のリーダーの方は、阪神大震災の際に被災された方のようです。隊のみなさんは日本全国から集まりいらしてるようです。その熱い行動力に胸が熱くなります。。



そして、それから義援隊の方に案内していただき、、津波のあった海岸沿いの地域へ出向きました。。。


それまで、キレイな体育館、街中にはそんなに崩れた建物も無く、避難所のみなさんも笑顔ばかりで明るく接してくれ、キャーキャー走り回る子どもたちを見ていたため、どんな景色が待ち受けてるのか、、正直想像が出来なくなっていました。勿論、こちらへ出発する前には覚悟を決めたつもりでおりましたが、みなさんの笑顔に、ちょっと覚悟が緩んでいたかもしれません。



体育館から海岸線へ向けて走り出してすぐ、空き地に瓦礫の山が。
d0108569_23171683.jpg

そしてすぐ、道路脇の歩道に瓦礫が積まれ出していました。でも建物自体はキレイなんです、まだ。
d0108569_23183084.jpg
それがだんだん建物自体も酷いことに。。
d0108569_23192148.jpg
d0108569_2319295.jpg




そして、海岸が見渡せる場所まで来ると
d0108569_23203585.jpg
海が広がり、その一面に…瓦礫の街が…現われました。さっきまでの景色と全く別の景色が。
海沿いの街(だった場所)へ着くと
d0108569_23214913.jpg
d0108569_23231497.jpg
d0108569_23232824.jpg
想像を絶する景色が広がっていました…。
ここら辺一体は、普通に住宅街だったのでしょう。それが・・・。
d0108569_23233757.jpg
d0108569_23253380.jpg
d0108569_23254717.jpg
d0108569_23262451.jpg
d0108569_23263261.jpg
なん100メートルも、続くであろう瓦礫の山、山、山…。見渡す限りの、瓦礫の山…。見渡す限り360度、この景色・・・。

言葉を…失いました…。体の震えが止まりませんでした。ただただ必死にカメラのシャッターを押しました。
d0108569_23312170.jpg
d0108569_23313673.jpg

d0108569_2333434.jpg
d0108569_23331926.jpg
いつもの帰り道であったろう、お家へ続く細い道…。見る影も無く…。
d0108569_2333298.jpg
d0108569_23333712.jpg


これは、、、もう、がんばろう!とか言えるレベルではないと、思いました…。

さっき行って来た避難所のみなさんは、、ここから避難して来た人たちなのかと思うと…もう、、もう、、とにかく言葉が無く、とてつもなく哀しく、、虚しく、あてはまる言葉が見付かりません…。
手を合わせ、目を瞑りましたが震えが止まりません。。



私たちは、、何が出来るのだろうかと、、呆然としました・・・。

私は、被災していない。
被災された方々の気持ちには、絶対になれない。

この現実を目の当たりにして、、何が出来るというのだろうか・・・。

分かりません。。


でも、、体が元気な私たちが何もしないで居てどうするんだ、と…。
被災された人たちじゃない、元気な私たちが、復興しなければならないんだと…思いました。



d0108569_23442674.jpg
d0108569_23444054.jpg
海水浴場だった場所にも案内していただきました。これは駅だそうです。。
d0108569_2346577.jpg
d0108569_23461781.jpg
電信柱がポッキリ折れて倒れてる向こうは、穏やかな海。キラキラ水面が輝く穏やかな海。
d0108569_23472068.jpg
トイレもこの惨状。
d0108569_2349438.jpg
d0108569_23491246.jpg
皮肉なまでに穏やかな海と、キレイな夕焼け。その手前には、この惨状。
これが現実だとは、なんとも受け止め難い。こうやって作られたゴーストタウンというアトラクションの街に、ぽんと入れられたのかと錯覚するような、、、そんな光景。
d0108569_23514796.jpg
d0108569_23515969.jpg
d0108569_2352620.jpg
d0108569_23521528.jpg
d0108569_23523628.jpg
d0108569_23524244.jpg


政治家のみなさんは、ぜひ全ての方全員、現地へ一度は足を運んでいただきたいと思いました。

そして私たちは、何が出来るか分からないけれど…ちょっとずつ、少しずつでもいいから、日本に住んでる全ての人が、何か出来ることをして欲しいと思いました。
私も、もちろん、自分に出来る限りのことを…模索しながら出来る限りのことを、、、したいと思います。



文の最後になってしまいましたが…このたびの震災で、お亡くなりになったみなさまのご冥福を心よりお祈りいたします。被災されたみなさんへ、心よりお見舞い申し上げます。

私たちが…元気な私たちが…がんばりたいと思います。
自分の言っていることが正しいのか、自分に何が出来るのか、自信はありませんが、、周りの仲間たちと共に、努力をしたいと思います。



みんなで東北を愛しましょう。
みんなで日本を守りましょう。






また、避難所の様子など書きます。








------☆☆


こちらもチェックしてくださいね!

ROLL FESTIVAL 2011開催決定!4.24(日)です!情報は⇒ 
コチラ!!!
 オンライン申込4/16(土)まで☆


茂木康子HP コチラから!!
[PR]
by mogyumogyu | 2011-04-17 23:59 | 被災地・震災/岩手のこと