人気ブログランキング |

もぎゅの格闘日常 ~卵かけご飯は飲み物です!

2011年 05月 30日 ( 2 )

岩手県陸前高田市に行って来ました!その1~


自分で書きました被災地のボランティアについての通りに、先週末に被災地へボランティア活動に行って来ました!

和術慧舟會岩手支部の藤村代表よりご紹介いただいた『グラップリングアカデミー』さん。
練習場所も、家が津波で流されてしまった人も、、たくさん居ると伺いました。
そしてそのグラアカ代表の平野さんのブログを拝見しました。
とてもショックでした。これは、、、一日も早くお届けせにゃあ!!!と思いました。
すぐに練習なんて出来ないでしょうけども…でも、、なんだか居ても立ってもいられなくなりました。

同じく和術慧舟會岩手支部所属の森岡恵ちゃんと、その友人菅野綾子さんの助けを借りて、
現地での災害ボランティアが個人でも出来ることを知り、仲間4人で行くことを決めましたー!



まずは宮城県多賀城市の知り合いのご実家へ、被災して壊れてしまったという冷蔵庫を届けました!
この冷蔵庫はトライフォース秋葉原の代表・ナオさんに譲っていただいたものです!
一度、石岡からも譲ってもらって佐川急便で送ったのですが…壊されてしまいました。
ダメ元でもう一度呼び掛けてみたら、なんと!ナオさんが!譲ってくださいました。
おまけに業者に出すつもりだったから、と、その分のお金までくださいました…。ありがとうございます。。
d0108569_15102926.jpg
宮城県多賀城市のげんこつやさん。つけ麺やさんです。記念撮影にパチリ☆
こちらはいつもキンカンでお世話になってる千葉たんのご実家なんです。
無事に届けられて良かったー。

ナオさん、石岡、きょーちゃん、ありがとうございました!喜んでもらえました~!



そして、ボランティア活動は陸前高田市へ。
高速代は板橋区の危機管理課へ申請したので免除!ただし宮城で途中下車したのでその分と、
東京都内の外環道路分だけ掛かりましたが、でもそんなの微々たるもんだ!

夜中の11時半に出発して、陸前高田市のボランティアセンター(VC)への到着は7時半!(宮城に寄ったので)
あいにくの雨ですが、カッパあるから大丈夫!

ボランティア受付開始は8時半。
受付を済ませ、9時からマッチング!
どこどこの○○(さん宅)で×××(例えば瓦礫撤去)作業、○名募集です!
と、受付の方が言うのに対し、自分たちで順番に志願し、仕事が振り分けられる感じです。
d0108569_15221823.jpg
d0108569_1522444.jpg


受付票と地図を貰って、詳細を確認し、必要な道具を借りて(長靴や軍手、カッパ等は持参ですよ)イザ出発!
こんな感じ↓↓↓(エプロンの人はお弁当配給の人じゃないですよ?笑)
ドウギとか着てますけど(笑)、ナイロンの上下が一番良いかもです。もしくは作業着。
d0108569_15223241.jpg
でもこんな感じでも全然行けます!ファイティングポーズとってますけど、まぁやる気満々ってことです(笑)!
d0108569_15252865.jpg


そしてVCでなんと!知り合いのcicciさんに遭遇!!前日に来てるのはtwitterで知ったのだけど、まさか同じVCで活動とは!
d0108569_15263444.jpg
なんだかとっても嬉しく、記念にパチリ。嬉しいな♪


さて、現場へ行きます。

沿岸部へ来ると、景色はこんな感じです。みんな作業前にショックを受けています。。
d0108569_15303154.jpg
車は必ずナビ搭載で。地図ではほぼ分かりません。目印になるものもほとんどありませんし、道路もどれがどれなのか
良く分かりません。ナビを頼りに、人がたくさん居るのを見付けて近寄って行く感じです。

初日は個人宅の田んぼの瓦礫撤去作業!
d0108569_15292121.jpg
d0108569_15313542.jpg
いろんなものが出て来て切ないです。。洋服から布団、着物、連絡ノート、漫画、レコード、カセットテープ、
ブラジャーや本、船の破片、アルバム、木材、トタン屋根、瓦、海藻、貝、などなどなど…ヘドロもすごいです。
d0108569_15373642.jpg


折れ曲がった電信柱が土の中に1mぐらい埋まっていて、それをみんなで1時間以上掛けて抜いた時には、
みんなで歓声!(笑)
大きな船のかけらも、先っぽが出ていて引っ張ると全く動かず。
シャベルで掘って、みんなで引いて、ロープ掛けて持ち上げると、ものすごいデカイ破片だったり。
d0108569_15364013.jpg
d0108569_15365240.jpg
d0108569_1537859.jpg
d0108569_15372388.jpg
撤去した瓦礫は一輪車などで運んで集め、最後は細かい瓦礫をズタ袋に詰めて行きます。


お昼休憩には、自分たちで持ち寄ったカセットコンロでお湯を沸かしてカップラーメンを作りました。
d0108569_15402496.jpg
d0108569_15403718.jpg
コーヒーも淹れたりしました。
d0108569_15404558.jpg


午後もがんばりました!
休憩中にはおうちの方が飲み物を振る舞ってくださいましたが、とっても恐縮でした。

どんなに遅くまででも15時にて撤収です。街灯が無いので、日が暮れる前に帰れるように。
d0108569_15451690.jpg
d0108569_15453025.jpg
d0108569_15454011.jpg
後ろの田んぼ、だいぶキレイになったでしょう?みんなお疲れさまでした!
一緒に作業してくださったみなさんも、とにかく声の掛け合い助け合いが多く、精神的にも楽でした。
ありがたかったです。

作業が終わり、VCへ帰る通り道。
d0108569_15485511.jpg
d0108569_15492185.jpg
d0108569_15494128.jpg
d0108569_15502548.jpg
d0108569_15503957.jpg
二ヶ月経ってても、この有り様なんです。。
d0108569_15515769.jpg


そして、海岸沿い。まだ瓦礫がいっぱい浮いてる状態。
d0108569_15531435.jpg
d0108569_15542423.jpg
水の透明さと相反する感じで切ないです。。
d0108569_1555169.jpg
d0108569_1556896.jpg
d0108569_15562320.jpg


…。言葉が浮かばない。美しく穏やかな海なのに。
d0108569_155802.jpg
そして
d0108569_15583323.jpg
d0108569_1559376.jpg
家が何軒も、まるごと海にぷかぷかと…。


d0108569_1634672.jpg
d0108569_164425.jpg
d0108569_1642052.jpg
とにかくとにかく…言葉が出ない沿岸部の現状。。


この後VCへ戻ります。続きは、また書きます。






------☆☆


こちらもチェックしてくださいね!

4.24ROLL FESTIVAL Ⅳ大盛況のうちに終了することが出来ました!
協力いただきました皆様、心から感謝致します!!
情報はコチラから!

被災した格闘家へ格闘技ウエアを贈ろう!という企画をやっています!
宜しくお願い致します。詳細はコチラです!


茂木康子HP コチラから!!
by mogyumogyu | 2011-05-30 18:57 | 被災地・震災/岩手のこと

被災地のボランティアについて


被災地へのボランティアで何かしたい!という方へ。
何かしたいけど何をどうしたらいいのか分からない!という方へ。

私が分かることをここでお知らせします。いろいろ調べてみました!
※実際にボランティアへ行って来ましたので、情報を更新・追加致します。水色文字が追加事項です!※

私が知っていることの他にもたっくさんたっくさんの情報はあるはずですが、、
とりあえず、分かる範囲のことを載せます。
細かく載せますので、興味のある方は長いですがどうか最後まで良く読んでください!

もし間違ってることやもっと詳しいことご存知の方がおられましたらお知らせください!



まず、物資などはいろんなところでいろんな方が募集しています。

これは各県・市町村区のHPなどでも調べられますので見てみてください。

ちなみに義援金も各県・市町村区へそれぞれ振込むことも出来ますので、
一度HPをぜひご覧になってみてください!


「支援物資」というワードで検索をしてもいろいろ出て来ます。


こちらでは募集サイトを一覧にまとめてあります。(各県と連携しています)
東日本大地震・支援物資募集サイト一覧 

支援物資受付場所と支援物資について



また、個人的に集めているボランティアで私が日々参考にしているのは

北海道在住の http://www.slang1988.com/ 『SLANG』というバンドの
メンバー・KOさんが随時やられているものがあります。

KOさんのブログ「日々是好日」

物資募集など随時具体的に行っています。ぜひご協力をお願い致します。


もうひとつは、渋谷にあるスパイスキッチン「魚THEユニバース」というお店で
やられている物資募集です。
スパイスキッチン「魚THEユニバース」 
こちらも具体的なものを随時募集されています。

どちらも、物資を集め、直接現地へ持ち寄ってくださいますので、
協力したい!という方はぜひブログの方をマメにチェックしてください。



また、自分たちで直接現地へ向かいボランティア活動をすることも出来ます!
ボランティア団体へ直接電話受付もしくは登録をし、自分たちで現地へ向かい、活動をして帰って来る。
そんなことが誰にでも出来るのです。

ボランティア活動は各市町村区の団体ごとなどに行っているようですが、
各団体によって内容、条件等は変わりますので、必ず各内容を良くお読みになってくださいね!
(一般ボランティアは募集していない箇所もあります!)

ボランティアセンターの活動・募集状況のまとめは「全国社会福祉協議会」のHPでまとめてあります。
「全国社会福祉協議会」



被災地のボランティア活動は「東京ボランティア・市民活動センター」というサイトにも
まとめてあり、これが一番分かりやすく見やすいかもしれません。
東京ボランティア・市民活動センター
活動するにあたっての注意事項などの記載もあります。
ボランティアの「お作法」(規範)



自分たちで現地へ行ける方。必ず二人以上のグループで行くこと。
(遠距離なので何かあった際に一人では対処出来ないため、一人だと受付てくれない等)
ボランティアセンター(VC)団体によっていろいろ条件が異なりますので注意!
例えば気仙沼などは仙台まで送迎バスが出たりすることもあるようです。

そういう以外は車でグループで行くのが良いでしょう。
その際、自分の住んでる市町村区によっては現地までの高速代が免除になることもあります。
その市町村区によりますが、行き先が○○ボランティアセンターと決まっていれば、
申請すれば免除の書類をもらえることが出来ます。
お住まいの各市町村区の「危機管理課」というところへ問い合わせてください。
※この際、課の受付の方も高速の窓口の方もあまり詳細を把握していない場合があります。
良く相談してください。
また、都内から行く場合で外環や首都高速経由で東北自動車道に入る場合は行きの証明書が二枚必要になったりもします。
高速の入口はETCでは無く、受付の人が居る窓口を通り、事情を良く説明してください。


また、必ず宿泊場所も確保してください。
最近ではボランティア箇所のそばの施設や旅館もいくつかあるようです。
これもネットで検索してみてください。
このサイトで地域を選んで、「行楽地関連」→「旅館・ホテル」で探してみてください。
営業している宿もあるかと思いますので問い合わせてみてください。
街検索クイック.jp


そして、現地では必ず節度を持った態度で活動すること。
野次馬の気持ちだけでこの情報を利用しないよう、絶対にお願い致します!


また、事前に必ず「ボランティア保険」へ加入することです。
最寄り(こちらも各市町村区役所へお問い合わせください)の社会福祉協議会へお手続きください。

600円程度で一年間加入出来ます。

ふくしの保険 
ボランティア活動保険 



宿泊と同じく、食事等も基本自己責任です。
お店など営業している場所もあるでしょうが、場所によっては何も無いところもあると思います。
また、コンビニなどの商品は現地の方々が必要としていることを忘れないようにしましょう。
水や食料、電池などはこちらから調達しましょう。

また、車で行かれる場合、エコカーで行くという案もあります!
そうでない場合にはガソリンに注意して、満タンで行き、帰りのことなども考えて
途中で入れれる時には入れておきましょう。


以下、ボランティアセンター等をいくつか個別に挙げてみます。

陸前高田市では一般ボランティアを募集しています。

陸前高田市社会福祉協議会 
必ず事前に連絡をしてください。
私はこちらへ行って来ました!朝8時半に受付開始。
活動のマッチングは9時から。作業はだいたい15時ぐらいまでです!


こちらは近くに宿泊施設もあるようです。雑魚寝のようですが。
岩手県陸前高田市災害ボランティア住田町基地 
私はこちらへ宿泊しました!事前に電話で予約を入れましょう。無料です。お布団もあります。
食事はもちろんありませんが、調理場があり、道具と材料は全て持ち込みとなりますが、調理も可能です!!
庭で車中泊、キャンプの設営も出来ます。洗濯機もお借り出来ます!
基本、知らない人たちと並んで寝るので、節度ある行動をしましょう。


こちらではバスツアーによる被災地ボランティアも紹介されています。

また、近所の旅館等ではボランティアの人には無料で入浴させてくれるところもあるようです。
売店のお土産などを購入し、その分でお返ししましょう!



大船渡社協災害ボランティアセンター 

先述した仙台から送迎もある
気仙沼市災害ボランティアセンター 


などなど。
もしも現地や近所に友達などが居たらいろいろ聞いてみるのも手です。


宮城県のボランティアまとめ 

岩手県のボランティアまとめ 

福島県のボランティアまとめ 




以上にまとめてみました。

ボランティアするにあたって必要と思われるものは

長靴(生活センターなどで安価で購入可能)←必需品!
マスク
タオル(たくさん)
作業に適した服装(長袖・ナイロンパンツ等)←ナイロンのものが最適です!!
軍手
ゴム手袋(必需品!)
雨具
食事・飲み物(生活用水としての水も持って行ければ尚よし!)
(食べ物はパン、カップメン、レトルトなど日持ちするもの。上記にある調理をする場合はその材料と道具も)

※上記はそれぞれ、複数日活動される場合はその日数分が必要となるでしょう。


など。まず現地の人達に迷惑を掛けないこと。
現地の大事な資源や物資を壊したり利用したりしないこと。



以上を心掛けて、お時間の許す方はぜひ被災地でボランティア活動をしてみましょう!

また、他にも情報がありましたらお知らせください。m(_ _)m


今週末、、被災地へボランティア活動へ行って参ります!
また情報が分かったらこちらで掲載しますので、宜しくお願い致します!!

現地での活動の様子はまた改めて更新致します!!







------☆☆


こちらもチェックしてくださいね!

4.24ROLL FESTIVAL Ⅳ大盛況のうちに終了することが出来ました!
協力いただきました皆様、心から感謝致します!!
情報はコチラから!

被災した格闘家へ格闘技ウエアを贈ろう!という企画をやっています!
宜しくお願い致します。詳細はコチラです!


茂木康子HP コチラから!!
by mogyumogyu | 2011-05-30 12:28 | 被災地・震災/岩手のこと